奥野教授の講演(医療科学研究所 産官学シンポジウム 2019、5月18日)が日経 xTECHに掲載されました。
2019年5月21日
G20見据えAI創薬で産官学シンポジウム、日本の強みをどう発揮するか

奥野教授が講演しました。
医療科学研究所 産官学シンポジウム 2019「AIは創薬に何をもたらすか―日本の強みをどう生かすか―」
講演タイトル「AIが拓く創薬イノベーション

奥野教授、鎌田准教授、中津井特定准教授の共著論文がアクセプトされました。
Pham Nguyen Quy, Kamada, M., Nakatsui, M., Okuno, Y., et al. ”Association between preanalytical factors and tumor mutational burden estimated by next-generation sequencing-based multiplex gene panel assay” The Oncologist accepted on May 14, 2019.

奥野教授が講演しました。
サイエンステクノフロンティアフォーラムAIが拓く創薬イノベーション

当ラボメンバーが参加する共同研究の成果がプレスリリースされました。

「LC-SCRUM-Japanで構築した日本最大のがん臨床ゲノムデータを活用し, スーパーコンピュータで治療薬の効き目を予測-がんゲノム医療における新たなツールの開発-」

原著論文
Ikemura, S., Yasuda, H., Matsumoto, S., Kamada, M., et al.: Molecular dynamics simulation-guided drug sensitivity prediction for lung cancer with rare EGFR mutations. PNAS (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America), first published May, 1, 2019.

Ikemura, S., Yasuda, H., Matsumoto, S., Kamada, M., et al.: Molecular dynamics simulation-guided drug sensitivity prediction for lung cancer with rare EGFR mutations. PNAS (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)first published May, 1, 2019.

Shiraishi, A., Okuda, T., Miyasaka, N., Osugi, T., Okuno, Y., Inoue, J., Satake, H. ”Repertoires of G protein-coupled receptors for Ciona-specific neuropeptides” PNAS published ahead of print April 1, 2019.

奥野教授が講演しました。
ファーマIT 2019
AIが拓く創薬イノベーション

Ikeda, A., Funakoshi, E., Araki, M., Ma, B., Karuo, Y., Tarui, A., Sato, K., Okuno, Y., Kawai, K., Omote, M. “Structural modification of indomethacin toward selective inhibition of COX-2 with a significant increase in van der Waals contributions” Bioorg. Med. Chem., 7, 1789–1794, 2019.

奥野教授の講演(京都府 京大オフィス 産学連携セミナー、3月12日)が京都新聞に掲載されました。
2019年3月13日
AI活用の未来考える 左京で府などセミナー