奥野教授が講演しました。
第62回日本放線菌学会学術講演会
「AI・スーパーコンピュータが拓く創薬の未来」

 

奥野教授が講演しました。
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団
「人工知能(AI)利用によるビッグデータから創薬へー現状と将来動向」
 
 

奥野教授らの共同研究が論文として発表されました。

Takashi Nakaoku, Takashi Kohno*, Mitsugu Araki, Seiji Niho, Rakhee Chauhan, Phillip P. Knowles, Katsuya Tsuchihara, Shingo Matsumoto, Yoko Shimada, Sachiyo Mimaki, Genichiro Ishii, Hitoshi Ichikawa, Satoru Nagatoishi, Kouhei Tsumoto, Yasushi Okuno, Kiyotaka Yoh, Neil Q. McDonald, Koichi Goto:A secondary RET mutation in the activation loop conferring resistance to vandetanib. Nature Communications, 2018, on line publication.
https://www.nature.com/articles/s41467-018-02994-7

和文プレスリリース

英文プレスリリース

奥野教授が講演しました。
日本製薬工業協会
ライフサイエンス知財フォーラム2018
「AI創薬の現状と可能性」

奥野教授が講演しました。
弘前大学COIヘルシーエイジング・イノベーションサミット2018
“ソーシャルキャピタルをいかに高めるか”
特別企画1 「ビッグデータ解析チーム最前線」

奥野教授が講演しました。
岩木健康増進プロジェクト活用研究会
特別講演会
「健康ビッグデータのデータベース構築等について」