原総合知的通信システム基金主催特別セミナー保険医療分野におけるAI活用の意義と可能性」において、奥野教授が「AI創薬の現状と可能性」の講演をしました。

AI✕Life Scienceシンポジウムにおいて、奥野教授が「~AIとライフサエンスの今後展望~「創薬 AI で 50 社連合 (LINC) 武田、富士フィルム、塩野義製薬、NEC など各社の具体的取り組み」」の講演をしました。

First Penguin Salonにおいて、奥野教授が「ビッグデータ・人工知能が拓く医療の未来」の講演をしました。

ヘルスケアIT 2017において、奥野教授が「ビッグデータ・スーパーコンピュータが拓く創薬の未来」の講演をしました。

京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻運動機能解析学分野 喜屋武 弥 氏らとの共同研究に関する論文 “Relationships between quantitative pulse-echo ultrasound parameters from the superficial zone of the human articular cartilage and changes in surface roughness, collagen content, or collagen orientation due to early degeneration” が、Ultrasound in Medicine and Biology 誌に発表されました。

公益財団法人 がん研究会 片山量平博士らとの共同研究に関する論文「 Brigatinib combined with anti-EGFR antibody overcomes Osimertinib resistance in EGFR-mutated non-small-cell lung cancer」が、Nature Communications 誌に発表されました。

動画:上皮成長因子受容体(EGFR)とがん薬剤耐性を克服する薬(Brigatinib)との結合シミュレーション

日経ビッグデータ 読者セミナー「ビッグデータ×AI×IoT 活用元年に注目すべき3領域~医療・ヘルスケア、スマートシティ、モビリティの先駆者に学ぶ」において、奥野教授が「産学連携コンソーシアムで挑むライフサイエンス分野におけるAI戦略」の講演をしました。