学会発表

奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

林祥弘, 岩田浩明, 長谷川亜樹, 熊田俊吾, 奥野 恭史. 「医薬品インタビューフォームおよび添付文書のデータ抽出と特徴分析」 日本薬剤学会第36年会; 2021 May 13-15; Tokushima, Japan

奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

岩田浩明, 長谷川亜樹, 林祥弘, 寺山慧, 熊田俊吾, 奥野 恭史. 「画像AIモデルを用いた添加剤粒子画像の分類および特徴抽出」 日本薬剤学会第36年会; 2021 May 13-15; Tokushima, Japan

奥野Gメンバーが学会発表しました。

Mitsugu Araki and Yasushi Okuno. “Effect of conformational flexibility of protein-ligand binding free energy computation and its significance in predicting mutation-induced drug sensitivity changes in oncogenic kinases”ACS Fall 2020 Virtual Meeting & Expo; 2020 Aug 18; video on demand

奥野Gメンバーが学会発表しました。

内野詠一郎. 「AI技術をどのように循環器診療に役立たせるか」 第84回 日本循環器学会学術集会; 2020 Jul 27-Aug 2; video on demand

奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

Fumie Ono, Shuntaro Chiba, Yuta Isaka, Shigeyuki Matsumoto, Biao Ma, Ryohei Katayama, Mitsugu Araki, Yasushi Okuno. “Improvement of the prediction of drug sensitivity changes upon mutation using a molecular dynamics-based alchemical free energy calculation method” 第20回日本蛋白質科学会年会; 2020 July 15; Online

奥野Gメンバーが学会発表しました。

Araki M, Okuno Y. “Protein-drug binding mode prediction from theapo-protein structure using a molecular dynamics-basedpocket generation approach” Biophysical Society 64th annual meeting; 2020 Feb 15; SanDiego, USA

奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

岡本麻里, 小島諒介, 鈴木真知子, 奥野恭史. 「アイトラッカーと動画像処理を用いた重症心身障害児の視線特徴の探索」 第2回日本メディカルAI学会; 2019 Jan 31-Feb 1; Tokyo, Japan

奥野Gメンバーが学会発表しました。

千葉峻太朗, 大田雅照, 田部亜季, 中木戸誠, 津本浩平, 奥野恭史. 「抗原・抗体複合体立体構造に基づく2アミノ酸同時変異戦略による新規抗体創製」 第47回構造活性相関シンポジウム; 2019 Dec 13; Kumamoto, Japan