インフォメーション

「人工知能×医療の今後:スパコン・ビッグデータ時代の創薬と医療」において奥野教授の講演が掲載されました。
東京大学 医学・工学・薬学専門連続講座13「変貌する医療市場:研究・技術革新・社会実装」かんき出版(2017年11月1日発行)

京都大学大学院医学研究科 人間健康科学系専攻運動機能解析学分野 喜屋武 弥 氏らとの共同研究に関する論文 “Relationships between quantitative pulse-echo ultrasound parameters from the superficial zone of the human articular cartilage and changes in surface roughness, collagen content, or collagen orientation due to early degeneration” が、Ultrasound in Medicine and Biology 誌に発表されました。

公益財団法人 がん研究会 片山量平博士らとの共同研究に関する論文「 Brigatinib combined with anti-EGFR antibody overcomes Osimertinib resistance in EGFR-mutated non-small-cell lung cancer」が、Nature Communications 誌に発表されました。

動画:上皮成長因子受容体(EGFR)とがん薬剤耐性を克服する薬(Brigatinib)との結合シミュレーション

奥野教授が取材を受けた Top Researchers「創薬は、ビッグデータ活用で激変する」が、掲載されました。

ホームページをリニューアルしました。

共同研究員種石慶,岩田浩明がInternational Supercomputer Conference 2016(ISC2016) において、創薬Deep Learningでのインテルとの共同研究のデモ展示を行いました。

奥野教授の副作用シグナル計算技術が特許登録されました。