• Department of Biomedical Data Intelligence,
    Graduate School of Medicine, Kyoto University

    当研究室では、京大病院の実臨床データを用いた医療ビッグデータ解析・医療シミュレーションや、スーパーコンピュータ「京」を用いた創薬シミュレーション・ビッグデータ創薬の新たな方法論開発に取り組み、医療応用と創薬応用を目的としたシミュレーション科学とデータ科学の開拓を目指しています。

Simulationシミュレーション

Big dataビッグデータ

top_box2b

Clinical genome臨床ゲノム

top_box3b

新着情報

  • 2020.09.01 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Ryosuke Shibukawa, Shoichi Ishida, Kazuki Yoshizoe, Kunihiro Wasa, Kiyosei Takasu, Okuno Y, Kei Terayama, Koji Tsuda. “CompRet: a comprehensive recommendation framework for chemical synthesis planning with algorithmic enumeration” J Cheminform. 2020;12:52. Available from: https://doi.org/10.1186/s13321-020-00452-5

  • 2020.08.21 報道

    「病気になる確率を人工知能で」(NHK東北地方ローカル放送)

    弘前大学による弘前市民の大規模な健康診断の結果をもとに、当ラボの研究チームは、人工知能を使って分析する新たなコンピュータプログラムを開発しました。

    詳細はこちら

  • 2020.08.01 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    内野詠一郎. 「AI技術をどのように循環器診療に役立たせるか」 第84回 日本循環器学会学術集会; 2020 Jul 27-Aug 2; video on demand

  • 2020.07.22 インフォメーション

    事務補佐員の求人を公開しました。

    京都大学求人ページ

    ●教職員公募 職種別(職員)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/acceptance/other/staff
    ●教職員公募 勤務部署別
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/acceptance/other/busyo
    ●教職員公募 勤務地別
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/acceptance/other/campus

    ハローワーク求人ページ
    https://hello-work.info/job/amp/2601019004301/?utm_campaign=google_jobs_apply&utm_source=google_jobs_apply&utm_medium=organic 

  • 2020.07.21 報道

    西村康稔経済再生担当大臣らが理化学研究所計算科学研究センターを視察の際、新型コロナウイルスの治療薬候補の探索について奥野教授が研究成果を説明しました。

    詳細はこちら

  • 2020.07.20 報道

    当ラボの研究がFUJITSU JOURNALに紹介されました。
    「創薬研究の第一人者が語るスパコン「富岳」の圧倒的な性能 」

  • 2020.07.16 報道

    ”「富岳」を利用した新型コロナウイルス研究” に関する掲載記事などを紹介しています。

    (さらに…)

  • 2020.07.15 学会発表

    奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

    Fumie Ono, Shuntaro Chiba, Yuta Isaka, Shigeyuki Matsumoto, Biao Ma, Ryohei Katayama, Mitsugu Araki, Yasushi Okuno. “Improvement of the prediction of drug sensitivity changes upon mutation using a molecular dynamics-based alchemical free energy calculation method” 第20回日本蛋白質科学会年会; 2020 July 15; Online

  • 2020.07.11 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Uchino E, Suzuki K, Sato N, Kojima R, Tamada Y, Hiragi S, Yokoi H, Yugami N, Minamiguchi S, Haga H, Yanagita M, Okuno Y. “Classification of glomerular pathological findings using deep learning and nephrologist–AI collective intelligence approach” Int. J. Med. Inform. 2020 Sep 1;141:104231. Available from: https://doi.org/10.1016/j.ijmedinf.2020.104231

  • 2020.07.10 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Matsumoto S, Araki M, Isaka Y, Ono F, Hirohashi K, Ohashi S, Muto M, Okuno Y. “E487K-Induced Disorder in Functionally Relevant Dynamics of Mitochondrial Aldehyde Dehydrogenase 2” Biophys. J. 2020 Jul 10; Available from: https://doi.org/10.1016/j.bpj.2020.07.002

  • 2020.09.01 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Ryosuke Shibukawa, Shoichi Ishida, Kazuki Yoshizoe, Kunihiro Wasa, Kiyosei Takasu, Okuno Y, Kei Terayama, Koji Tsuda. “CompRet: a comprehensive recommendation framework for chemical synthesis planning with algorithmic enumeration” J Cheminform. 2020;12:52. Available from: https://doi.org/10.1186/s13321-020-00452-5

  • 2020.07.11 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Uchino E, Suzuki K, Sato N, Kojima R, Tamada Y, Hiragi S, Yokoi H, Yugami N, Minamiguchi S, Haga H, Yanagita M, Okuno Y. “Classification of glomerular pathological findings using deep learning and nephrologist–AI collective intelligence approach” Int. J. Med. Inform. 2020 Sep 1;141:104231. Available from: https://doi.org/10.1016/j.ijmedinf.2020.104231

  • 2020.07.10 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Matsumoto S, Araki M, Isaka Y, Ono F, Hirohashi K, Ohashi S, Muto M, Okuno Y. “E487K-Induced Disorder in Functionally Relevant Dynamics of Mitochondrial Aldehyde Dehydrogenase 2” Biophys. J. 2020 Jul 10; Available from: https://doi.org/10.1016/j.bpj.2020.07.002

  • 2020.06.30 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Araki M, Kanegawa N, Iwata H, Sagae Y, Ito K, Masuda K, Okuno Y. “Hydrophobic interactions at subsite S1′ of human dipeptidyl peptidase IV contribute significantly to the inhibitory effect of tripeptides” Heliyon. 2020;6(6):e04227. Available from: https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2020.e04227

  • 2020.06.04 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Kato K, Masuda T, Watanabe C, Miyagawa N, Mizuochi H, Nagase S, Kamisaka K, Oshima K, Ono S, Ueda H, Tokuhisa AKanada R, Ohta M, Ikeguchi M, Okuno Y, Fukuzawa K, Honma T. “High-Precision Atomic Charge Prediction for Protein Systems Using Fragment Molecular Orbital Calculation and Machine Learning” J. Chem. Inf. Model2020. Available from: https://doi.org/10.1021/acs.jcim.0c00273

  • 2020.05.29 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Tokuhisa A, Kanada R, Chiba S, Terayama K, Isaka Y, Ma B, Kamiya N, Okuno Y. “Coarse-Grained Diffraction Template Matching Model to Retrieve Multiconformational Models for Biomolecule Structures from Noisy Diffraction Patterns”J. Chem. Inf. Model. 2020;60(6):2803–2818. Available from: https://doi.org/10.1021/acs.jcim.0c00131

  • 2020.05.27 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Yamanaka M, Iwata H, Masuda K, Araki M, Okuno Y, Okamura M, Koiwa J, Tanaka T. “A novel orexin antagonist from a natural plant was discovered using zebrafish behavioural analysis” Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2020;24(9):5127-5139. Available from: https://doi.org/10.26355/eurrev_202005_21207

  • 2020.05.12 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Kojima R, Ishida S, Ohta M, Iwata H, Honma T, Okuno Y. “kGCN: a graph-based deep learning framework for chemical structures” J Cheminform [Internet]. 2020 May 12;12(1):32. Available from: https://doi.org/10.1186/s13321-020-00435-6

  • 2020.04.24 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Masuda N, Murakami K, Kita Y, Hamada A, Kamada M, Teramoto Y, Sakatani T, Matsumoto K, Sano T, Saito R, Okuno Y, Ogawa O, Kobayashi T. Trp53 mutation in Krt5-expressing basal cells facilitates the development of basal squamous-like invasive bladder cancer in the chemical carcinogenesis of mouse bladder. Am J Pathol. 2020 Apr 24. Available from: https://doi.org/10.1016/j.ajpath.2020.04.005

  • 2020.04.08 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Saito Y, Koya J, Araki M, Kogure Y, Shingaki S, Tabata M, McClure M, Yoshifuji K, Matsumoto S, Isaka Y, Tanaka H, Kanai T, Miyano S, Shiraishi Y, Okuno Y, Kataoka K. “Landscape and function of multiple mutations within individual oncogenes” Nature. 2020. Available from: https://doi.org/10.1038/s41586-020-2175-2

  • 2020.08.21 報道

    「病気になる確率を人工知能で」(NHK東北地方ローカル放送)

    弘前大学による弘前市民の大規模な健康診断の結果をもとに、当ラボの研究チームは、人工知能を使って分析する新たなコンピュータプログラムを開発しました。

    詳細はこちら

  • 2020.07.21 報道

    西村康稔経済再生担当大臣らが理化学研究所計算科学研究センターを視察の際、新型コロナウイルスの治療薬候補の探索について奥野教授が研究成果を説明しました。

    詳細はこちら

  • 2020.07.20 報道

    当ラボの研究がFUJITSU JOURNALに紹介されました。
    「創薬研究の第一人者が語るスパコン「富岳」の圧倒的な性能 」

  • 2020.07.16 報道

    ”「富岳」を利用した新型コロナウイルス研究” に関する掲載記事などを紹介しています。

    (さらに…)

  • 2020.07.03 報道

    記者勉強会 “「富岳」の特長とSociety5.0への貢献 /「富岳」を利用した新型コロナウイルス研究” (オンライン開催)で「「富岳」による新型コロナウイルスの治療薬候補同定中間報告」について課題代表者の奥野教授が進捗状況を説明しました。

    詳細はこちら

  • 2020.06.29 報道

    当ラボの研究が毎日新聞に紹介されました。
    「将来発症リスク、AIで予測 弘前大・京大チーム、20の病気分析」

  • 2020.06.28 報道

    当ラボの研究が日本テレビ「シューイチ」に紹介されました。
    「富岳を活用した新型コロナウイルス治療候補薬の同定について」

  • 2020.06.27 報道

    当ラボの研究がテレビ朝日「サタデーステーション」に紹介されました。
    「富岳を活用した新型コロナウイルス治療候補薬の同定について」

  • 2020.06.27 報道

    当ラボの研究が読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」に紹介されました。
    「富岳を活用した新型コロナウイルス治療候補薬の同定について」

  • 2020.06.27 報道

    当ラボの研究がThe Japan Timesに紹介されました。
    “Data-crunching AI in Japan predicts one’s chances of developing 20 diseases”

  • 2020.02.14 受賞
    LINCが受賞しました。
  • 2020.01.31 受賞
    奥野Gメンバーが受賞しました。
  • 2019.12.13 受賞
    奥野Gメンバーが受賞しました。
  • 2019.11.01 受賞
    奥野Gメンバーが受賞しました。
  • 2019.09.20 受賞
    奥野Gメンバーが受賞しました。
  • 2019.02.05 受賞
    奥野Gが参画する研究が受賞しました。
  • 2018.11.09 受賞
    奥野Gの研究課題が受賞しました。
  • 2016.04.16 受賞
    日本内科学会ことはじめ2016東京において、がん薬物治療科西川佳孝先生が、種石慶共同研究員、奥野教授らとの共同研究「UGT1A1遺伝子多型と肺癌のリスクに関する研究」で、優秀演題賞を受賞しました。
  • 2015.10.31 受賞
    奥野教授と共同研究員らの研究発表「Prediction of cancer drug efficiency by combining clinical genetics and molecular dynamics」が、生命医薬情報学連合大会2015年大会 ポスター賞を受賞しました。
  • 2015.10.31 受賞
    奥野教授と共同研究員らが、情報処理学会 第77回全国大会 大会優秀賞 を受賞しました。