Drug discovery創薬

top_box2b

Medical医療

新着情報

  • 2021.02.03 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Matsumoto S, Ishida S, Araki M, Kato T, Terayama K, Okuno Y. “Extraction of protein dynamics information from cryo-EM maps using deep learning” Nat Mach Intell. 2021;3:153-160. Available from: https://doi.org/10.1038/s42256-020-00290-y

  • 2021.01.23 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Iwata H, Matsuo T, Mamada H, Motomura T, Matsushita M, Fujiwara T, Maeda K, Handa K. “Prediction of Total Drug Clearance in Humans Using Animal Data: Proposal of a Multimodal Learning Method Based on Deep Learning” Journal of Pharmaceutical Sciences. 2021. Available from: https://doi.org/10.1016/j.xphs.2021.01.020

  • 2021.01.01 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Hiroaki Iwata, Naoto Kanda, Mitsugu Araki, Yukari Sagae, Katsuyoshi Masuda, Yasushi Okuno. “Discovery of Natural TRPA1 Activators through Pharmacophore-based Virtual Screening and a Biological Assay” Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2020:127639. Available from: https://doi.org/10.1016/j.bmcl.2020.127639

  • 2020.10.26 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Shuntaro Chiba, Aki Tanabe, Makoto Nakakido, Yasushi Okuno, Kouhei Tsumoto, Masateru Ohta. “Structure-based design and discovery of novel anti-tissue factor antibodies with cooperative double-point mutations, using interaction analysis” Sci Rep. 2020;10:17590. Available from: http://doi.org/10.1038/s41598-020-74545-4

  • 2020.10.08 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Kawaguchi C, Shintani N, Hayata-Takano A, Hatanaka M, Kuromi A, Nakamura R, Yamano Y, Shintani Y, Nagai K, Tsuchiya S, Sugimoto Y, Ichikawa A, Okuno Y, Urade Y, Hirai H, Nagata KY, Nakamura M, Narumiya S, Nakazawa T, Kasai A, Ago Y, Takuma K, Baba A, Hashimoto H. “Lipocalin-type prostaglandin D synthase regulates light-induced phase advance of the central circadian rhythm in mice” Commun Biol. 2020;3(1):557. Available from: http://doi.org/10.1038/s42003-020-01281-w

  • 2020.09.01 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Ryosuke Shibukawa, Shoichi Ishida, Kazuki Yoshizoe, Kunihiro Wasa, Kiyosei Takasu, Okuno Y, Kei Terayama, Koji Tsuda. “CompRet: a comprehensive recommendation framework for chemical synthesis planning with algorithmic enumeration” J Cheminform. 2020;12:52. Available from: https://doi.org/10.1186/s13321-020-00452-5

  • 2020.07.11 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Uchino E, Suzuki K, Sato N, Kojima R, Tamada Y, Hiragi S, Yokoi H, Yugami N, Minamiguchi S, Haga H, Yanagita M, Okuno Y. “Classification of glomerular pathological findings using deep learning and nephrologist–AI collective intelligence approach” Int. J. Med. Inform. 2020 Sep 1;141:104231. Available from: https://doi.org/10.1016/j.ijmedinf.2020.104231

  • 2020.07.10 論文

    奥野Gメンバーの研究論文が発表されました。

    Matsumoto S, Araki M, Isaka Y, Ono F, Hirohashi K, Ohashi S, Muto M, Okuno Y. “E487K-Induced Disorder in Functionally Relevant Dynamics of Mitochondrial Aldehyde Dehydrogenase 2” Biophys. J. 2020 Jul 10; Available from: https://doi.org/10.1016/j.bpj.2020.07.002

  • 2020.06.30 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Araki M, Kanegawa N, Iwata H, Sagae Y, Ito K, Masuda K, Okuno Y. “Hydrophobic interactions at subsite S1′ of human dipeptidyl peptidase IV contribute significantly to the inhibitory effect of tripeptides” Heliyon. 2020;6(6):e04227. Available from: https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2020.e04227

  • 2020.06.04 論文

    奥野Gメンバー(共著)の研究論文が発表されました。

    Kato K, Masuda T, Watanabe C, Miyagawa N, Mizuochi H, Nagase S, Kamisaka K, Oshima K, Ono S, Ueda H, Tokuhisa AKanada R, Ohta M, Ikeguchi M, Okuno Y, Fukuzawa K, Honma T. “High-Precision Atomic Charge Prediction for Protein Systems Using Fragment Molecular Orbital Calculation and Machine Learning” J. Chem. Inf. Model2020. Available from: https://doi.org/10.1021/acs.jcim.0c00273

  • 2020.02.14 受賞

    奥野教授が代表を務める「ライフ インテリジェンス コンソーシアム(LINC)」の取り組みが第2回日本オープンイノベーション大賞の厚生労働大臣賞を受賞しました。 
    詳細はこちら

  • 2020.01.31 受賞

    奥野Gメンバーが受賞しました。
    優秀ポスター演題賞 受賞者:岡本麻里, 小島諒介, 鈴木真知子, 奥野恭史
    第2回日本メディカルAI学会
    「アイトラッカーと動画像処理を用いた重症心身障害児の視線特徴の探索」

  • 2019.12.13 受賞

    奥野Gメンバーが受賞しました。
    構造活性相関シンポジウム優秀発表賞(口頭)受賞者:千葉峻太朗, 大田雅照, 田部亜季, 中木戸誠, 津本浩平, 奥野恭史
    第47回構造活性相関シンポジウム
    「抗原・抗体複合体立体構造に基づく2アミノ酸同時変異戦略による新規抗体創製」

  • 2019.11.01 受賞

    奥野Gメンバーが受賞しました。
    優秀成果賞 受賞者:徳久淳師
    第6回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会
    「創薬応用を目指したXFELテンプレートマッチング法によるクロマチン構造多形解析に関する研究」

  • 2019.09.20 受賞

    奥野Gメンバーが受賞しました。
    ポスター最優秀賞 受賞者:荒木綾乃,寺山慧,内野詠一郎,奥野恭史
    第2回COI学会
    「弘前健診データを用いた機械学習モデルに基づく検査項目の制御探索と疾患発症抑制に向けた介入方法の検討」

  • 2019.02.05 受賞

    奥野Gが参画する研究が「第1回 日本オープンイノベーション大賞」で内閣総理大臣賞を受賞しました。
    「超多項目健康ビッグデータで「寿命革命」を実現する健康未来イノベーションプロジェクト」

  • 2018.11.09 受賞

    奥野Gの研究課題が受賞しました。
    平成29年度HPCI利用研究課題優秀成果賞(2018.11.2)
    課題名:新薬開発を加速する「京」インシリコ創薬基盤の構築
    研究者:奥野恭史(研究代表者)、荒木望嗣、井阪悠太、馬 彪

  • 2016.04.16 受賞

    奥野Gメンバーの参画する研究が受賞しました
    優秀演題賞 受賞者:がん薬物治療科西川佳孝先生, 種石共同研究員、奥野教授
    日本内科学会ことはじめ2016東京
    「UGT1A1遺伝子多型と肺癌のリスクに関する研究」

  • 2015.10.31 受賞

    奥野Gメンバーが受賞しました
    ポスター賞 奥野教授,鎌田共同研究員らの研究発表
    生命医薬情報学連合大会2015年大会
    「Prediction of cancer drug efficiency by combining clinical genetics and molecular dynamics」

  • 2015.10.31 受賞

    奥野Gメンバーらの研究が受賞しました。
    大会優秀賞 奥野教授と浜中共同研究員らの研究発表
    情報処理学会 第77回全国大会
    「深層学習に基づくタンパク質と化合物の相互作用予測」

  • 2020.06.08 執筆

    内野特定助教, 佐藤特定助教, 小島特定助教, 玉田特定准教授, 奥野教授の執筆が掲載されました。
    「臨床データを用いた医療ビッグデータの解析と創薬への応用」 日腎会誌, 62(2), 2020.

  • 2020.05.31 執筆

    植田(博士課程), 小島特定助教, 奥野教授の執筆が掲載されました。
    「医療における人工知能「AI」」産婦人科の実際, 69(5), 2020.

    詳細はこちら

  • 2020.03.31 執筆

    鎌田准教授、奥野教授の執筆が掲載されました。
    「第1章第1節「ゲノム解析の概要と現状」」 医薬品開発におけるオミクス解析技術~ゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム・メタボローム~, 情報機構, 2020年3月発行.

    詳細はこちら

  • 2020.02.01 執筆

    奥野教授、小清水(博士課程)、鎌田准教授、玉田特定准教授、小島特定助教、内野特定助教の執筆が掲載されました。
    シリーズ AIと医療 8「データ主導型個別化医療と予測医療」医学情報誌あいみっく 41(1), 2020.

  • 2019.09.20 執筆

    博士課程 田中良尚、小島特定助教、玉田特定准教授、鎌田准教授、奥野教授の執筆が掲載されました。
    「分子レベルにおけるAIの創薬応用」実験医学 37(16), 2702-2707, 2019.

    詳細はこちら

  • 2019.06.04 執筆

    佐藤特定助教、内野特定助教、奥野教授の執筆が掲載されました。
    「臨床データからの創薬」月刊細胞 51(7)24-272019

  • 2019.06.04 執筆

    大田上級研究員の共著が掲載されました。
    大田雅照,池口満徳「創薬のためのタンパク質構造AI」月刊細胞 51(7)20-232019

  • 2019.06.04 執筆

    寺山特定助教、石田(博士課程)、奥野教授の執筆が掲載されました。
     AIによる逆合成解析に向けて」月刊細胞 51(7)12-152019

  • 2019.06.04 執筆

    岩田特定助教、小島特定助教、玉田特定准教授の執筆が掲載されました。
    「標的分子探索,ドラッグリポジショニング,オミクスメカニズム解明」月刊細胞 51(7)4-72019

  • 2019.06.04 執筆

    奥野教授の執筆が掲載されました。
    「総論 第4次産業革命における創薬イノベーション」月刊細胞 51(7)2-32019.

  • 2020.08.18 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    Mitsugu Araki and Yasushi Okuno. “Effect of conformational flexibility of protein-ligand binding free energy computation and its significance in predicting mutation-induced drug sensitivity changes in oncogenic kinases”ACS Fall 2020 Virtual Meeting & Expo; 2020 Aug 18; video on demand

  • 2020.08.01 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    内野詠一郎. 「AI技術をどのように循環器診療に役立たせるか」 第84回 日本循環器学会学術集会; 2020 Jul 27-Aug 2; video on demand

  • 2020.07.15 学会発表

    奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

    Fumie Ono, Shuntaro Chiba, Yuta Isaka, Shigeyuki Matsumoto, Biao Ma, Ryohei Katayama, Mitsugu Araki, Yasushi Okuno. “Improvement of the prediction of drug sensitivity changes upon mutation using a molecular dynamics-based alchemical free energy calculation method” 第20回日本蛋白質科学会年会; 2020 July 15; Online

  • 2020.02.15 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    Araki M, Okuno Y. “Protein-drug binding mode prediction from theapo-protein structure using a molecular dynamics-basedpocket generation approach” Biophysical Society 64th annual meeting; 2020 Feb 15; SanDiego, USA

  • 2020.02.12 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    德久淳師.「分子シミュレーションに基づくゲノム医療・ゲノム創薬基盤の構築」 研究教育拠点(COE)形成推進事業 令和元年度 研究進捗報告会; 2020 Feb 12; Kobe, Japan

  • 2020.01.31 学会発表

    奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

    岡本麻里, 小島諒介, 鈴木真知子, 奥野恭史. 「アイトラッカーと動画像処理を用いた重症心身障害児の視線特徴の探索」 第2回日本メディカルAI学会; 2019 Jan 31-Feb 1; Tokyo, Japan

  • 2019.12.26 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    金田亮.「心不全の解明と治療を目指す マルチスケール心臓シミュレーション」 令和元年度ポスト「京」重点課題2ワークショップ; 2019 Dec 26; Tokyo, Japan

  • 2019.12.13 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    千葉峻太朗, 大田雅照, 田部亜季, 中木戸誠, 津本浩平, 奥野恭史. 「抗原・抗体複合体立体構造に基づく2アミノ酸同時変異戦略による新規抗体創製」 第47回構造活性相関シンポジウム; 2019 Dec 13; Kumamoto, Japan

  • 2019.12.09 学会発表

    奥野Gメンバーが学会でポスター発表を行いました。

    千葉峻太朗, 奥野恭史, 本間光貴, 池口満徳. 「動径分布関数・エネルギー分布関数をもとにした粗視化力場パラメータ決定手法の改良」 第33回分子シミュレーション討論会; 2019 Dec 9-11; Aichi, Japan

  • 2019.11.22 学会発表

    奥野Gメンバーが学会発表しました。

    岡本麻里, 小島諒介, 鈴木真知子, 奥野恭史. “視線データ解析と動画像解析の比較による重症心身障害児の特徴づけ” 第8回日本医療情報学会「医用人工知能研究会」人工知能学会「医用人工知能研究会」(SIG-AIMED)合同研究会; 2019 Nov 22; Kanagawa Japan