• Department of Biomedical Data Intelligence,
    Graduate School of Medicine, Kyoto University

    当研究室では、京大病院の実臨床データを用いた医療ビッグデータ解析・医療シミュレーションや、スーパーコンピュータ「京」を用いた創薬シミュレーション・ビッグデータ創薬の新たな方法論開発に取り組み、医療応用と創薬応用を目的としたシミュレーション科学とデータ科学の開拓を目指しています。

Simulationシミュレーション

top_box1b

Big dataビッグデータ

top_box2b

Clinical genome臨床ゲノム

top_box3b

新着情報

  • 2016.11.10 インフォメーション

    奥野教授との共同研究成果を西川佳孝先生らが、Int J Clin Oncol において”Association between UGT1A1*28*28 genotype and lung cancer in the Japanese population”の論文を発表しました。

  • 2016.11.03 インフォメーション

    ホームページをリニューアルしました。

  • 2016.06.19 インフォメーション

    共同研究員種石慶,岩田浩明がInternational Supercomputer Conference 2016(ISC2016) において、創薬Deep Learningでのインテルとの共同研究のデモ展示を行いました。

  • 2016.06.10 インフォメーション

    奥野教授の副作用シグナル計算技術が特許登録されました。

  • 2015.03.04 インフォメーション

    第3回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナーにおいて、奥野教授が「スーパーコンピュータで挑む創薬と医療」の講演をしました。

  • 2017.01.13 講演

    1月25日(水)  第17回京都コモンズ会員セミナーにおいて、奥野教授が「サイエンス講演~ビッグデータからの予測医療と精密医療~」の講演をします。

  • 2017.01.13 講演

    1月25日(水) 第57回 臨床研究センターセミナーにおいて、奥野教授が「ゲノム医療と人工知能」の講演をします。

  • 2017.01.13 講演

    日本学術会議 薬学委員会 生物系薬学分科会 シンポジウム「ITと創薬の融合〜ビッグデータとスーパーコンピューティングで生命現象を解く〜」において、奥野教授が「スパコン・ビッグデータ時代の創薬」の講演をしました。

  • 2016.12.22 講演

    応用数理ものづくり研究会 第15回技術セミナーにおいて、奥野教授が「産学連携コンソーシアムによる創薬計算基盤の構築」の講演をしました。

  • 2016.12.20 講演

    あこがれ“いこまびと”講演 生駒市立光明中学校(奥野教授の母校)にて、奥野教授が「未来を予測する、未来を変える~タイムマシンとスーパーコンピュータ~」の講演をしました。

  • 2016.12.18 講演

    ESMO Asia 2016 Congress ,Singapore において、奥野教授との共同研究成果を釆野優先生らが「Validation of the Set of Six Adaptable Prognosis Prediction (SAP) Models for Cancer Patients in Palliative Care Settings : A sub analysis of the Japan-Prognostic assessment tools Validation (J-ProVal) study」の口頭発表をしました。
    プレスリリース「ESMO Asia 2016 Press Release: Routine Blood Test Predicts How Long Cancer Patients Will Survive

  • 2016.12.09 講演

    シスメックス 技術成果発表会において、奥野教授が「シミュレーション・人工知能が拓く創薬と医療の未来」の講演をしました。

  • 2016.12.01 講演

    第30回分子シミュレーション討論会において、奥野教授が「計算化学・情報科学が拓く創薬の未来」の講演をしました。

  • 2016.11.29 講演

    PBI公開講座「医療産業イノベーションフォーラム」において、奥野教授が「人工知能×医療の今後」~スパコン・ビッグデータ時代の創薬と医療~の講演をしました。

  • 2016.11.25 講演

    生命情報と人工知能セミナー「情報生命科学特別講義Ⅲ」において、奥野教授が「人工知能・シミュレーション技術の創薬応用」の講演をしました。

  • 2016.04.16 受賞
    日本内科学会ことはじめ2016東京において、がん薬物治療科西川佳孝先生が、種石慶共同研究員、奥野教授らとの共同研究「UGT1A1遺伝子多型と肺癌のリスクに関する研究」で、優秀演題賞を受賞しました。
  • 2015.10.31 受賞
    奥野教授と共同研究員らの研究発表「Prediction of cancer drug efficiency by combining clinical genetics and molecular dynamics」が、生命医薬情報学連合大会2015年大会 ポスター賞を受賞しました。
  • 2015.10.31 受賞
    奥野教授と共同研究員らが、情報処理学会 第77回全国大会 大会優秀賞 を受賞しました。
  • 2011.03.09 受賞
    奥野教授が「第43回 市村学術賞 貢献賞」を受賞しました。 『機械学習に基づく革新的なドラッグデザイン計算技術の開発』
  • 2009.11.24 受賞
    瀬木准教授が「平成22年度 日本薬学会奨励賞」を受賞しました。 「プロスタノイド受容体の病態生理的役割の解明とうつ病の発症・治療に関する分子メカニズムの解明」
  • 2009.04.07 受賞
    奥野教授が 平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術振興部門)「創薬を加速化する医薬候補化合物の革新的探索計算技術の振興」を受賞しました。
  • 2008.06.04 受賞
    奥野准教授が 第8回バイオビジネスコンペJAPAN にて優秀賞を受賞しました。 「ケミカルゲノミクス情報に基づく高精度なインシリコ創薬システムの開発と事業展開」
  • 2008.03.28 受賞
    奥野教授が、日本薬学会128年会 において、日本薬学会奨励賞 受賞講演をしました。
  • 2008.01.07 受賞
    奥野准教授が「平成20年度 日本薬学会奨励賞」を受賞しました。 「バイオ空間とケミカル空間の包括的相関解析とそのインシリコ創薬への研究展開」
  • 2007.01.25 受賞
    奥野助教授が「日本薬学会薬学研究ビジョン部会 部会賞」を受賞しました。
Copyright© 2008-2009 Department of Biomedical Data Intelligence, Graduate School of Medicine,Kyoto University このサイトに掲載されている内容・写真・意匠等の無断転載を禁じます。